×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

釣りキチ三平のストーリー

釣キチ三平は、連載が終わってもファンが多く、なぜ今現在も人気があってそのキャラクターや釣キチ三平の名前が愛され続けられているのでしょうか? そんな、釣キチ三平を調べてみました。
「釣りキチ三平」は、1973年から漫画作品として登場。作者は矢口 高雄(やぐち たかお)はペンネームで、本名は高橋 高雄(たかはし たかお)の漫画作品です。釣りキチ三平は週刊少年マガジン(講談社)に連載されていました、釣キチ三平は漫画のほかにアニメも放映されていました。
釣キチ三平の作者、矢口 高雄さんのプロフィール(釣りキチ三平公式サイト)では、好きなミュージシャンは、井上陽水、美空ひばり、石原裕次郎、ユーミン等で、特に井上用水の大ファンだそうです。尊敬する漫画家は、手塚治虫、白土三平。30歳という遅咲きのデビューだったそうです。釣キチ三平の豆知識。

「釣りキチ三平」の主人公

釣キチ三平の人気に迫ってみようと思います。「釣りキチ三平」の漫画ストーリーについての概要は、魚釣りが大好きな少年、三平(主人公)が日本や世界中でさまざまな魚釣りに挑戦していく釣り漫画です。「釣りキチ」とは釣りキチガイの略で、キチガイのように釣りが好きという意味。そんな釣キチ三平の登場人物の紹介です。
釣キチ三平、主人公は三平 三平(みひら・さんぺい)11歳で、東北弁をしゃべっていてそれが印象的です、明るい性格な少年、釣キチ三平、釣りのことになると目つきが変わってしまう、そんな主人公があちこちのさまざまな場所に出かけて釣りに挑戦する釣キチ三平。釣りの経験は浅いですが、釣りのセンスや努力で大人たちからも一目置かれていく。大物の魚釣りに挑戦し、問題が立ちふさがっても工夫やひらめきで困難に対処し釣ってしまう。釣キチ三平は、さまざまなライバルが出現し釣りバトルを繰り広げていく釣りキチ三平。そんな三平は仲間やライバルと出会いながら人間的に成長をしていくストーリー、釣キチ三平なのです。

「釣りキチ三平」の主要登場人物

釣キチ三平の登場人物にスポットをあててみました。釣キチ三平の、鮎川 魚紳(あゆかわ・ぎょしん)三日月湖の釣り大会で出会った釣り師。その大会の後に、三日月湖の主釣りで競い合いましたが、みごと三平が勝利をおさめます、その後に別の釣り場で再会してからは日本国内外を何度となく行動を共にしていく存在に、三平から兄と慕われるほどの仲となります。
釣キチ三平、三平 一平(みひら・いっぺい)釣キチ三平の祖父です。釣りに対しては一級品の技術の持ち主で、三平の釣りの先生です、三平の先生でもあって両親がいない釣キチ三平の親代わりなのです。また釣竿職人としては釣り業界では有名で、その手によって作られた竿は「一平竿」と呼ばれていました。

Copyright © 2008 釣りが好き、釣りキチ三平がやっぱり好き